今日のこの日にありがとう

 

あれからどのくらい 時間は過ぎたでしょう
新しい季節に  心は弾んでいます

 

それはたぶん そう 
あなたがいつだって そばにいてくれたから
はしゃいだ夏も  背中丸めていた冬も
ひとつになれたから

 

明日へと続くこのときを
かけがえのないあなたと
喜び 悲しみ 分かち合い
歩いて行けたら

 

あなたといられる
今日のこの日にありがとう

 

不安がないと言えば嘘になると
それは あなたも 同じ
だから行きたい あなたとともに挑みたい
まだ見ぬ世界へと

 

明日へと続くこのときを
かけがえのないあなたと
喜び 悲しみ 分かち合い
歩いて行けたら

 

目が覚めれば横にいること
その手に触れられること
ともに笑って暮らせること
ともに涙 流せること

 

思い出はいつも美しくて
憧れはただ 綺麗で
それよりも ああ 大事なこと
それは今、それは今

 

あなたといられる
今日のこの日にありがとう

 

あなたといられる
今日のこの日にありがとう

words,music&all intruments

by oil
mix&mastering

by Hideyuki Ashizawa(def house studio)

数年前に兄の結婚式のために作った曲。

 

今回こうしてカタチにするまでの間に、自分自身も結婚をしたり、大切なものっていうのが何なのか、というのを考えることが多かったと思います。

 

歌詞も一部、書き直したりしました。

「・・・だから行きたい あなたとともに進みたい まだ見ぬ世界へと」
という一節を
「・・・だから行きたい あなたとともに挑みたい まだ見ぬ世界へと」
に変えました。

 

結婚している人ならわかるかもしれませんが
「進む」じゃなくて「挑む」のほうがなんかリアリティがあるんです。
いろんなことに立ち向かっていかなきゃいけないんですよね、ふたりで。

 


また、東日本大震災を通して考えさせられることもありました。

 

どんな境遇であっても、大切な人と同じ時間を過ごせるのって、当たり前のことではなく、かなり特別で本当にありがたいことなんだって。

 

たとえ状況がなにひとつ変わらなくても、今ある幸せをちゃんと見つけられれば、それは幸せっていうことなんだって思ったりします。

 


こういう曲を作るときに、綺麗ごとを書くのは絶対に止めようと誓っています。
ぱっと聴いた感じ、綺麗ごとのように聞こえるところもあるかもしれないけど、本当に自分がリアルに響くことだけを書いたつもりです。

 

恋愛小説ではなく、実用書を読むように聴いてくれるとうれしいです。