Brauner Phanthera

ドイツ製のコンデンサーマイク。

 

今のところ、すべての歌とアコギはこれでレコーディングしています。

 

やっぱり、一番大事なのは歌。

歌をよい音で録るにはまず、マイクから。

ということで、いいコンデンサーマイクを探し求めてこれにたどり着きました。

 

楽器屋さんで定番といわれる「Neumann U87Ai」と、それと同等のグレードのものを何本か、同じマイクプリとヘッドホンで聴き比べをさせてもらいました。(たしか「Violet Design」とか、「Neuman」の別のモデルとかだった気がします。)

 

もともと「Neumann U87Ai」にしようと思っていたのですが、いろいろ聞き比べていく中で、この「Brauner Phanthera」の音の太さがすっごく気に入りまして。

 

たぶん、あらゆるシンガーが使用している「Neumann U87Ai」が無難な選択なんだろうと思うけど、「それじゃつまらないし、自分がいいと思ったやつにしよう」ということで「Brauner Phanthera」にしました。

 

ちなみに「Brauner」っていうメーカーはそれまで知りませんでした。。

 

注文してから届くまでに1ヶ月くらいかかったのを覚えています。

どうやら、受注生産らしく、届いて本体を見てみるとロットナンバー入り・・・。なんかありがたみ出るよねーこういうの。

 

肝心な音。

細かくほかのマイクと比べたわけではないですが、中音がぶっといくせに、抜けが決して悪くなったりしない印象。

 

いろんなマイクを使い倒す環境にあればより正確な判断ができるんだと思うんだけど、いままでこれを使ってきて「もっと●●だったらなぁ」という瞬間が一度もないところを見ると、僕にとっては正解のマイクなんだと思います。