Fender `52 Telecaster

テレキャスが欲しい、白いテレキャスが欲しい!!

そう思い続けて数年。(漫画『BECK』の影響は少なからずあります。)

 

ついにGETしました、白テレ。

正確にはホワイトブロンド、ネックはメイプルのテレキャス。

楽器はね、音も大事だけど、見た目も大事だよね。
自分がぐっとくるのを持つって言うのは、モチベーションあがるよね。

 

音のほうは、「ザ・テレキャス」って感じ、歯切れ最高!

'52年仕様なのでフロントピックアップは「故障?」っていう音しかしません。

フロントピックアップも使いたいだから、改造してトーンを普通にしようかと思ってますが今のところ、そのまま。

 

弾き心地はいいんだけど、チョーキングするとやや詰まる感じががするのは、さすが'52年仕様。

その辺の不便さも含めて、末永く付き合って行きたい1本です。

 

あと、経年とともにボディーが黄色っぽくなってくるのも楽しみにしています。いまのところまだまだ白いです。

 

なお、レコーディング終了後に購入したため、ファーストアルバム『Reborn』には使用されていませんが、今後のoilのサウンドを彩ること間違いなし。